矢沢隆夫です。

今回は、
免疫細胞療法の

1)リンパ球治療

についてお話します。

この治療は、
現在、
どのリンパ球を
組み合わせて
使用するか・・・

との観点から、
4種類に
分けられます。

それは、

①混合型リンパ球治療

②特殊型リンパ球治療

③特異的リンパ球治療

④超特異的リンパ球治療

です。

それぞれ
説明します。

①混合型リンパ球治療

主力となる
免疫細胞は以下の四つ。

・NK-T 細胞・・・最高指令官です。

・NK細胞・・・実行部隊の、非特異的攻撃のかなめ。

・キラーT 細胞・・・特異的攻撃の要です。

・ヘルパーT 細胞・・・中間管理職的な立ち位置のリンパ球です。

この四つの免疫細胞を
バランスよく
増強します。

もっとも
標準的な
リンパ球治療に
なります。

特徴としては、

バランスがとれていること、
抗ガン剤との併用にも向いていること、
やさしく、
おだやかな効果がある

などです。

残り3つの
リンパ球治療の説明は、

次回にします。

ではまた・・・